アート・ル・シティ

「ゲストもキャストも楽しめるアーティストのテーマパーク」を創るべく奔走する市長・白鷺桜優(シラサギサクヤ)の雑多な日常。芝居をはじめとにかくアーティストとして生きながら、普通の女の子としても生活をレポート。アート・ル・シティの都民のポップでハートフルな物語もお送りします♪

デコさんに喫茶店チャオで似顔絵を描いてもらった!

www16.plala.or.jp

21日まで上記の喫茶店「画廊喫茶チャオ」にて「Season of Lilsc シーズン・オブ・ライラック」という合同個展を開催中。

詳細はこちらから↓

https://www.facebook.com/events/1999400053621472/?ti=cl

 

そこで出展中の斉藤健太さんこと「デコさん」がバンクーバー資金チャリティ募金】をやっていて、さらに「在廊中」とのこと。

 

 

「TED」が大好きで、それでバンクーバーにアーティストとして殴りこみに行くみたいです。

そんでもって1000円以上募金すると、デコさんが得意とする「5分間で描く似顔絵」か「デコさんに○○させる権利」をもらえるそうです。もうこれアナログクラウドファンディングですよね。

ともかく詳細は本人のフェイスブックページで確認してください↓

https://www.facebook.com/decoboko 

 

このまま家でぼんやりしてるのもあれだし似顔絵も1回描いてもらいたかったし行こう。

同じお金を出すなら「必要!!!」ってわかってるときに出すのが一番いいし。

気になっててもきっかけがないと「今度でいっか」ってなっちゃうし。

 

となわけでいって来ました。

 

特に際立った予定もなかったので、ざっくりカジュアルな私服で。

「好きに描いてください。むしろ他の人が私を見てどんなインスピレーションを感じて、どんな風に形にするのかに興味があるので」

といういわゆるぶん投げで描いてもらいました。

ちなみにポートレートとかを撮ってくださるカメラマンさんとかにも同じことを言います…本当なんです。デコさんは「それが一番助かる」と喜んで頂けましたが、大体困らせます…。

 

それで描いてもらったのがこちら↓

f:id:mayorSagi:20170620125222p:plain

「笑ったときに口元が富士山みたいになるのが印象的」とのことで、笑顔のときの口元を強調して描いてくださったそうです。

凄く全体的に優しそうに描いてくださってます。

ちょっと以外です。目が切れ長だし、三白眼だし、性格的には結構やんちゃなところもあるので妙にキツい印象というかバリッとした印象のほうが強いのかな…?と思うこともあるので。

デコさんが優しいからかな…? それとも私の思い違いとか多面性の世界でしょうか…?

 

となわけで、ぜひぜに「いいな!」と思われた方はバンクーバー資金チャリティ募金】にご協力してくださいな♪


f:id:mayorSagi:20170620132306j:image

↑真ん中の男性がデコさんだよ!

https://www.facebook.com/decoboko