アート・ル・シティ

「ゲストもキャストも楽しめるアーティストのテーマパーク」を創るべく奔走する市長・白鷺桜優(シラサギサクヤ)の雑多な日常。芝居をはじめとにかくアーティストとして生きながら、普通の女の子としても生活をレポート。アート・ル・シティの都民のポップでハートフルな物語もお送りします♪

お金なんてどうでもいい

「どうでもいい」

 

この一言が私から出てきたらキー台詞だと思ってください。

その後に何を言っていても「私の深いところの本音」が出ていることが多いです。

 

…というのも。

 

そもそも生活もあるし、今後どうしていきたいかにも関わるので「切っても切り離せない」ことであるのは重々承知の上で…。

最近「お金」について考えないといけないトラブルやミスが多くて。

さらに「ビシネスは結果命!」みたいな話とかも目に入ってくると物凄く気持ち悪いわけです。

 

いや…そうなんだけど…お金ないと生活も経営も運営もしていけないからさぁ…。

でも、なんか、違うんじゃない???

と思ってしまう私がいます。

根本を見失っているというか。

 

同じコトを考えるにしても…。

 

「AをやりたいからBという方法で形にしてCに提供して喜んでもらえたら最高!」

は物凄くしっくりくるんです。ただこれを

「AをやりたいからBという方法で形にしてCに提供してお金に出来たら最高!」

にするとめちゃめちゃ気持ち悪い。

 

やってること同じなんですよ?

でも最終的に「それが起きたときの状態」にフォーカスするのと「それをお金に出来るか」にフォーカスするのとだとこんなに感覚が違う。

前者の場合、やりたいこともやろうとしていることもサクサク進みます。

ただ後者になると「やりたいことをやっているはずなのに」手が止まるという現象が起こるわけです。

 

実際、このブログもPVという「数字」を意識した瞬間に書けなくなりました。

忙しかったのもあったけど、そもそも「書きたい」と思えなくなった…。

「数字」も私の中では「お金」を少し似ていて外部的なある種の「ジオセントリック」なものだからだと思う。

※ジオセントリック…「自己中心的な」という意味だそうです。対義語はヘリオヘットリック。「調和的な」とか「協調的な」という意味になるんだと思います。

 

実態がないにも関わらず、なんかがめつい・ノルマっぽい…って感じ。

 

つまり順序が逆なのでは?と。

 

何かしたいことがあって「お金にするには」を考える前に「そのしたいことを目一杯楽しむ」を考えるほうが先で。

でも自分だけが楽しいは本質的に楽しくないので「自分も楽しくて周りも楽しい!」となる方法を考えて実践する。

失敗するかもしれないし、迷惑かけるかもしれないけど。

そのあたりは始めに自分でも対策しておいて、ちょっと多めに見てもらえるよう「自分完璧じゃないけど最善は尽くすからよろしく」って頭下げといて、マジでやばいことになったら何がどうなろうが本気で土下座。命に関わるなら即救急車!くらいの覚悟を決めておけばいいと思う。

 

それでみんなハッピー!(だけじゃないけど、心動くものがあって)それに対しての何らかのリターンがある…というのが本来ではないかと。

 

それは「感謝の気持ち」かもしれないし。

今後のための「手厳しい意見」かもしれないし。

なんかの「物」かもしれないし。

それをやることによって生まれた「人と人が繋がり」かもしれないし。

はたまた「新しいアイディア」かもしれないし。

 

要は「リターン=100%お金」である理由も必要もないということ。

 

両方付いてくればそれに越したことないよ?

ただ「お金は後でもいいんじゃない?」「いつかついてくるんじゃない?」って話。

これが最近、キングコングの西野さんが言っている「信用化」「信用稼ぎ」「マネタイズの後回し」なんじゃないかなぁ?と思ってみたりする。

 

あ、お金を稼ごうとしてるのが悪いと言いたいわけではないです。

「お金にするにはどうしたらいいか?」で動いてうまくいく人はジャンジャンやってガンガン攻めたらいいと思います。

「目標から逆算して行動を決められる」というのも強みです。

私もある程度は決めてるけど、綿密には決めてないので。「だいたいここまでにこのあたり」くらいのレベルなので。もちろん、状況によって軌道修正します。

 

「それを両立できる人」は普通に羨ましいです。

 

自分が思っている以上にそこは感覚人間なようで。

それをやるためのストーリーとかリスクとかはそれなりに考えられるし。

お金のことが考えられないわけじゃないし、お金の話が嫌いなわけでもないけど。

「お金という形で絶対に利益にする」と考えると詰まっちゃうんですよね。

 

というわけで「やりたいことをやりたいようにやる」というところから、わりとゆっくりやろうと思います。

ちなみにこういうやり方を「ダウンサイジング」と言ったりするみたいです。「とにかく手の届くところからやる」「自分を満たすことから始める」ということのようです。定義は又聞きなので、興味のある人は調べてください。

 

みなさまどうでしょう?

ちなみにこの話題はちょっと面白そうなので、多分もう少し続きます。

そしてなぜか書いていたら「お金」の話が4件くらい続く形になりました。

ちょこちょこ気にかけてくださる方、そのつもりでいてください…!