アート・ル・シティ

「ゲストもキャストも楽しめるアーティストのテーマパーク」を創るべく奔走する市長・白鷺桜優(シラサギサクヤ)の雑多な日常。芝居をはじめとにかくアーティストとして生きながら、普通の女の子としても生活をレポート。アート・ル・シティの都民のポップでハートフルな物語もお送りします♪

【観劇レポ】TUC+KYOKU ミュージカル「リア王」を観てきた!


f:id:mayorSagi:20170624164314j:image

こういうのはタイムリーさが大事なのでじゃんじゃん書きますよー!

 

基本的には「小劇場の舞台はもういいです…」という人なのですが、札幌のイチオシ劇団(芝居やめると思ったときも「ここだけは縁を切らない」と決めていたところがひとつだけある)の座員に誘われたら行くしかないっしょ…。

 

というわけで行ってきました。

観に行けてよかったです。

 

「演劇と言えばシェイクスピア」ですよね。

冷静に考えたらシェイクスピアの公演を観れること自体がレア。

本はいくらでも読めるけど、長いし、言い回しが古いしでなかなか読みにくいから「手軽にシェイクスピアに触れられる」と考えても逃さなくてよかった(*´∀`)

しかも「4大悲劇のひとつ」というのもいいですね!

私もDVDでハムレットくらいしか観れてないからなぁ…。

 

あとやっぱりあの時代のイギリスのお話なので、衣装がロマンティックでお洒落なんですよね(*^^*)

目の保養。素晴らしい。ドレスよりも男性陣とかの「なかなか観られないだろう」ものとかツボです…!

 

ちなみに「ミュージカル」ですが、わりと『オペラ寄り』の感じです。

演劇史自体が「オペラ→ミュージカル⇒ストレート(セリフだけの芝居のこと)」と流れていくので、今回のは「→」あたり。

 

こういうの観ると「声楽家」と「役者」と「ダンサー」の違いがよくわかります。

声の使い方とか体の使い方が明らかに違うんですよね。

そしてつくづく「役者は求められるものが多いなぁ…」と思います…。

 

話を戻すと。

戯曲自体が長いのでしょう。時代背景のこともあるし。

前半は特に人形の「シェイクスピア」さんと共に進んでいきます。

 

ここからはあんまり言うとネタバレになるので、私個人の「イチオシ」だけひとつ言わせてもらいます。

 

エドマンドが「松潤」並にイケメン!!!

雰囲気的には花より団子の道明寺風!

 

結構ドラマなんかでも「味のある脇役」とか「物凄い存在感のあるキーマン」とかいると思うんですけど、今回のはまさに『エドマンド』!!!

 

役どころ的にはヒールですね。

「爽やかな肉食系」の魅力がやばいです。

そら女性陣はメロメロになりますよ…!

「悪い笑顔」の残し方が超イケメン!!!

 

しかも終盤からラストにかけてが物凄い人間臭い!

ネタバレになりそうだし主観なのであまり言えませんが「どこで歯車が狂ってしまったんだろう…?」みたいなシーンがありまして!

そのときの「心揺れる佇まい」がまたまたイケメンなんですよ(*´∀`)

 

私、今イケメンしか言ってないぞ…!

 

そんなこんなで以下の日時場所で公演中です!!!


f:id:mayorSagi:20170624171111j:image

 
f:id:mayorSagi:20170624171128j:image

 

 ただ今日の19時公演からは「ダブルキャスト」で『松潤エドマンド』は拝めないのです(;_;)

 

19時からは

エドマンド→フランス王」

リア王エドマンド」

 になるようです。

 

リア王の風格もよかったので「ちょっと勿体無いのでは…?」とも思いますが、どうなんでしょう?

19時以降の公演に観に行けた方はぜひ、そのあたり聞かせてくださいd(^-^)

 

では、私はまた踊りに行ってきます~♪