アート・ル・シティ

「ゲストもキャストも楽しめるアーティストのテーマパーク」を創るべく奔走する市長・白鷺桜優(シラサギサクヤ)の雑多な日常。芝居をはじめとにかくアーティストとして生きながら、普通の女の子としても生活をレポート。アート・ル・シティの都民のポップでハートフルな物語もお送りします♪

「踊る出会い講座」いってきた

 

 

art-le-ctiy.hatenablog.com

 

 ここでご紹介していた社交ダンス講座の本開催に行ってきました。

こちらが会場の「ダンスホール一番館」のメインホール。

ここで24歳からの男女が9人で踊ってました。

(参加者の中に同い年の男性が混ざっててびっくりした…!)

 

社交ダンスの中でも基本となる「ジルバ」と「ブルース」のステップを教えていただきました。

「ジルバ」のステップ。

www.youtube.com

「ブルース」がこちら。

www.youtube.com

画像はざっくり探して引っ張ってきてます。

「ジルバ」がラテン系の基本のステップになるみたいで。これは二人の組み方もゆったりというか、自由度が高い感じです。

「ブルース」の方が『The 社交ダンス』って感じがするし、スタンダードの基本になるようです。「女性が左に半身ずらして動く」というのが、うまくいかないと途中で崩れます。

 

プレ開催のときからの講師の相方さんの女性も指導してくださって、大変充実した講義になりました!

理論もしっかり教えてくださって…!

基本は相手との呼吸が合っていれば、よいみたいのですが…やり方ですね。

ラテンに振り切るか、きっちりスタンダードをやるかでまた毛色が違う感じです。

 

社交ダンスの大会のファイナリストの男性(どんな大会とか聞き忘れました…)とも特別にやらせて頂けました。

凄く優雅に、美しい音楽と彼に酔いながら踊る感じになるし。

ラテン系の講師とは「何が飛んでくるかわからないけど呼吸を合わせて動く」という意識さえあれば、スラッと動ける…という感じになります。

 

これ誰とやっても同じで「一緒に踊ってみるとその人のなりがわかる」というのは本当で。体のテンポ感とか癖とか。個人的な好みなんかも出ます(笑)

 

抱擁力が凄すぎて「離したくない!」と思う人がいるほどで。

もう永遠と身を預けていたくなる人なんかも出てくるわけです。面白いですよね…!

 

ひとしきり踊り終えたらパーティです。

ホールさんのご好意で「手作りオードブルつき飲み放題」です!

f:id:mayorSagi:20170625140307j:image

ビールとかワインとかも飲み放題です。

写真に写ってないけど「ラーメンサラダ」が美味しくて。

あと「ホルモンの煮込み」もトロトロで凄く美味しかったです!癖があって食べにくいものなのに…!

 

あとは他の人とお喋りしたりまた踊ったり。

タンゴのステップも簡単に教えてもらったり。

 

女性の方は「家で自主練したいんですけど、どうしたらいいですか?」って女性講師に聞いて教えてもらっていました。

 

実はその内容がモデルさんのウォーキング指導とほぼ同じ

 

「ダンスも姿勢が大事だから、変にステップの練習をして変に覚えるくらいだったら姿勢に気を使って」って…。

壁立ちから初めて…って、これ今調べたら「賛否両論」上がってますわ…。そり腰誘発してるって。確かに本当にそり腰になる…私も悩みだわ。ひとまずポイントは「お尻にちゃんと力を入れて立つ」ことみたい…。

 

とにかく壁を使って正しい姿勢を確認。

そのままで胸を開いて少し遠くを見据えて歩く。できるだけ足は曲げず真っ直ぐに。

そのあとはだいぶ速いテンポ感で歩いていたので「ダンスモード」ではあったと思うのですが。

 

社交ダンスをして体力も姿勢もリズム感もウォーキング技術もノンバーバルコミュニケーション力も養おう!という私の目論見」が的中!

 

しかも「姿勢矯正及びウォーキングの訓練」で一番効果的な訓練方法が

 

「普段からそれを意識して歩くこと」

 

それだけ。

私が普段やってることじゃん…! てか日常に組み込まないと訓練しないんだよ…!

 

今後は「昨日みたいなパーティ形式を月1回」と「19時から平日週2回で定額料金で講師在中で踊り放題」という形で進めるとのこと。

 

初めての人、お酒も楽しみたい人は月1回のパーティから。

ダンスをもっとやりたい、お手軽料金で教えてほしいという人は平日に。

 

という感じになっていきそうですね。

これも公式が出次第、こちらでも告知します。

 

社交ダンス…面白いので続けてます…!