アート・ル・シティ

「ゲストもキャストも楽しめるアーティストのテーマパーク」を創るべく奔走する市長・白鷺桜優(シラサギサクヤ)の雑多な日常。芝居をはじめとにかくアーティストとして生きながら、普通の女の子としても生活をレポート。アート・ル・シティの都民のポップでハートフルな物語もお送りします♪

婦人科検査で半ギレした話

凄くお腹痛い…。

予約投稿で書いてるので「痛い」って言って一週間くらいたってるかと思いますので、これをみなさんが見るときにはきっと元気です。

 

こんにちは。白鷺です。

 

諸事情により婦人科の転院をしてきました。

状況としては

・大学時代から生理通がひどく、講義の出席に支障が出そうなレベルだったので4年前くらいから低容量ピルを服薬していた。

「ピル服用=性行経験有り・最悪クソビッチ」とか思ってるやついるけど「間違い」だからな? 避妊目的含め人それぞれだかんな? 疾患関係が理由で飲んでる可能性なくはないと思うからそんなバカなこと言うやついたらマジで蹴り入れていいと思うよ。

・年1回は処方のため子宮のエコー検査と採血(これ半年に1回だったかな?)が必要。

・去年から超低容量から低容量に変薬。

ピル飲んだら吐くとか、体型変わるとか言われてるけど今はそうでもないですよ。中容量とかキツめの使ったりとかしたらわかんないですけど。体質にもよるし。

・性行経験なし。

彼氏すらいたことないんで。本当に、マジで。

子宮頸がん検診経験あり

大学から医療費の助成があったのもあって、多分なんかの折に「とりあえず」やったんだと思います。基本的には性行経験のない人は99.9%リスクがないので必要ないそうです。

 

そういう人です。

だから「転院しろってことになっちゃったんで、前と同じ薬ください」ってな感じ。

ただ病院側としても検査は必要なので

「エコー検査が必要で、痛いかもしれないけど大丈夫?」

(前の病院の感覚でエコー検査はお腹にジェルを塗ってやるものだと思い込んでおり)

「大丈夫ですよ」

「子宮頸がんの検査したことあるらしいけど、痛くなかった?」

(子宮頸がんの検査は器具の挿入がありますが)

「ちょっと痛かったけど平気でした。大丈夫だと思います」

「わかりました。では内診室に移ってください」

 

とな感じで行くわけです。

 

(あれ…ちょっとイメージしてたのと違うぞ…? これ定期健診のエコーというより、子宮頸がんの検査みたいじゃないか…?)

婦人科の検査用の椅子って独特なんですよ…こんなの。

f:id:mayorSagi:20170621121827p:plain

私、エコー検査でも器具を挿入することがあるって知らなくて。

めちゃめちゃ痛かった…!

このあと医者に半ギレですよね。

「エコー検査で器具挿入する必要ねーだろ!!!」みたいな。

 

そのあと採血も兼ねて看護師さんに確認したところ

 

・痛みを伴う検査なので「性行経験の有無」は絶対に確認するそう。ない場合はお腹からのエコー検査(きっと私が知ってるやつ)しか基本的にはしないとのこと。

・今回は「子宮頸がん検診」で特に問題がなかったとのことでやったとのこと。次からはお腹のエコー検査になるそう。要は意思疎通ができてなかったって話。

・ただ挿入しての検査のほうが確実なデータが取れるので、性行経験のある人には今回の方法でやるそう。ない人でも「タンポン」なんかを常用してる場合は特に痛みもない人もいるとか。

・エコー検査の挿入器具と子宮頸がんの検査の挿入器具は若干違うとのこと。

 

ってことらしいです。

こっちは「処女膜きれるんじゃねーか」って思いましたけど…。

てかあんな痛いもんなのかな…生身の人間とは違うし。

なにより気分の問題もあるもんな!

 

というわけで、婦人科に行くかもしれない人は頭において置いてください!

 

※この記事を書いたら「尿漏れのレーザー検査」でも性器挿入があるとの情報を頂きました。

少なくとも札幌ではそこまでメジャーではないようですが、凄く貴重でタイムリーな情報を頂けました!有難うございます!