アート・ル・シティ

「ゲストもキャストも楽しめるアーティストのテーマパーク」を創るべく奔走する市長・白鷺桜優(シラサギサクヤ)の雑多な日常。芝居をはじめとにかくアーティストとして生きながら、普通の女の子としても生活をレポート。アート・ル・シティの都民のポップでハートフルな物語もお送りします♪

【片っ端レポート】星野源さんの楽曲を聴きまくってみた

どうも、白鷺です。

「7月の間はブログを書きたくないので、記事をひたすら書き溜めたい」という状況の元、書きまくっています。

そして「気になったものを片っ端からチェックして書いてみよう!」という結論に至りました。

 

というわけで【片っ端レポート!】というタイトルとカテゴリーでやっていこうと思います!!!

(↑タイトルまんまじゃねーか!)

 

というわけで。

TSUTAYAに行って今回は「CD」を借りまくってきました。

※だからわりと「このアーティストのファン」というわけではないことが大多数です。だからそのアーティストが作ったもの全部を知ってるわけではありません。正直、古参のファンに怒られそうとか思いますが、やります。そのアーティストの下調べとかはあえてしません。知ってる分は別ですが。あくまでそのときの主観で書きます。(てか、これで難癖つけてくるやついたらわりと悪徳だよな。新規にファンになりそうな人間の意見をつぶすんだから)

 

アーティストだけ決めてあとは「ジャケ買い」ならぬ「タイトル借り」をしまして。

 

その第一弾レポートが星野源さんというわけです!

 

昨年のTBS系火曜ドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」で注目を浴び、歌手としても俳優としても文筆家としても注目される方ですね。

私と同じく「逃げ恥」で「星野源さんが気になる人」になった人も多いのでは?

ちなみに私は津崎さんも星野さんも好きです。

星野源

さて、星野源さんのCDでタイトル借りしたのはこの4枚

1.シングルCD 恋

2.アルバムCD YELLOW DANCER

3.アルバムCD EPISODE

4.アルバムCD STRANGER

です!(シングル→アルバムで、販売が新しいもの順)

 

1と2はYouTubeにも動画があるような知名度も高く、ポップなサウンドが多いです。3と4はシンガーソングライターというか「弾き語り」なのかなと思うような静かに語るような曲が多いなとい印象。

 

4枚聞いてみて凄く言葉をかみ締めていたいなと感じました。

全体的に言葉が深いところに染み込んでくる感じがするんですよね。

日々のBGMにしたいというよりは「詩を味わいたい」みたいな。

これ音楽いらないんじゃない? アカペラでいいんじゃない?? てか朗読でもよくない??? ってくらい「言葉」が素敵。聞き流すとかもったいない。

家に引きこもって、ただ星野源の楽曲だけを何もしないで聞いていたい。

そんな感じ。

 

それに一つ一つの曲の裏に壮大な背景があって、本当に必要な部分をだけ曲にしたらこうなったんだろうなという感じが凄くします。

さすがは俳優兼文筆家。

これ脚本でも小説でも物語とか描いている人はわかると思うんですけど。

「自分が考えたことを全てを作品に載せる必要ない」んです。

むしろ「それをやると明らかに無駄」という場合が多いので、作家は「そぎ落とし」にかかります(ここでしくじると駄作になる)

という部分があるので「凄く深い世界観」を感じるんですよね。

くも膜下出血の話以前アルバムも混ざっていて、4枚ともそんな感じなので。

なんだろう…「星野源という深海に潜ったら何があるのか知りたい」って感じます。結構『人の奥にあるものの輝き』とか『原石・起源的な汚さ』とかに興味がある人なので。シュノーケルに酸素ボンベ担いで潜りたいですね。

実際「この曲どう作ったんですか?」って聞いたら1曲について少なくても30分は語ってくれそうだなと…。実際、CDのどこかしらに「どんな風に作ったか?」みたいな短いコメントが絶対についています。

結構斜め上のこと書いてるなって思うものもあれば、中には「これ作ったとき自分が何考えてたかわかんない」とか書いてあるものもあるんですよ…!

そこも含めて非常にアーティスティックだなと。自分でもよくわからないものが出てくるって結構あるんですよ。

「これどういうつもりでつくったんだろう?」と思ってコメント読んでみたら「ただヤりたかっただけ」みたいなコメントとか見つけると「ヤりたかっただけかよ!!!」って全力でツッコミたくなります。ちなみに「爽やかに変態」やってるところも好きです。

 

あと面白いのが「House Ver」の存在。

これ作詞・作曲から収録まで楽曲作成までの全てを「24時間で自宅で作る」楽曲シリーズらしく、シングルCDの「恋」には『雨音』という楽曲が入っています。

終盤の打楽器の音みたいなやつの音源は何だろう…?

まず「24時間でやっちゃうのが凄い」という月並みな感想は置いといて「凄く面白い試み」だなと。もっと他のHouse Verの曲も聴いてみたいなと思います。

てか自分もこういうことできるようになりたいな…。

 

曲だけでも言葉の力が強くてアーティステックなので「いのちの車窓から」なんかも含めて著作も気になるところ。

折を見て読み漁って、またレポートできたらなと思います。

 

あと明日は「勝手にかつ無駄に」星野源さんについて書こうと思います。

「作品が」とかじゃなくて、ただどうでもいいことを個人的に「お前がバカか?」みたいなことを勝手に書きます。

よろしく!