アート・ル・シティ

「ゲストもキャストも楽しめるアーティストのテーマパーク」を創るべく奔走する市長・白鷺桜優(シラサギサクヤ)の雑多な日常。芝居をはじめとにかくアーティストとして生きながら、普通の女の子としても生活をレポート。アート・ル・シティの都民のポップでハートフルな物語もお送りします♪

のんびり、ざっくり。

オーディションに落ちてた白鷺です。

ショックというよりオーディションを受けると「自他共に予定調整が大変になるケースが多いので気が気じゃなくなる」ことがあったり「何らかのストレスで毒が出たり」するので、やめようかなと思うのですが…。

 

「落ちたとしてもそのことについて考え直してリトライできる」部分もあって、続けてます。事務所の案件とか、やりたい案件があれば。

 

さて、やっと平常運行に戻れます。

白黒つかない時間が結構苦手です。

今回のケースは「2020年までにやろうとしていたことを形を変えて今にしようとした」という意味合いが強いので、基本の路線変更はなしです。

計画通り、地道に行きます。

 

…というか、来週までにまとめておかなければならないものとか、情報が結構溜まってるなぁと。

 

そういえば西野亮廣さんが「芸能界の仮スケジュール押さえについて」ということを話題にしてましたね。

 

これ形が何であれ「やっても、やられてもつらい」ですね。

 

1回これやったんだけど「人の時間を無意味になるかもしれない状態で拘束する」って精神的に辛いし。

オーディションの待ちだろうが、なんだろうが「これひとつで組み立てが全部変わる」という状況は落ち着かない。

 

意識しないで生活すればいいのかもだけど、突発案件とか遠征案件だとね…ことと次第でガラッと変わるからね。

 

とにかく、タスクをぼちぼち整理しようと思います。

 

このブログもいい加減まともな記事を書きたい…。

そして9月に道内遠征案件を入れました。

行くって決めただけでなんもしてないです。

 

やろ。