アート・ル・シティ

ゲストもキャストも楽しめるアーティストのテーマパーク」を創るべく白鷺桜優(シラサギサクヤ)が立ち上げたとある街の物語。神話を創るようにゆっくりと組み上げて行く予定。これから起こることが街を豊かにしていきます。さて、これから誰がやってくるのだろう…?

積み上げていくもの

こんにちは。白鷺です。

 

去年の6月にこのブログを立ち上げて「アート・ル・シティ」という世界観を元にした活動及び創作しようと思っていました。

 

結果論、活動に関しては私がトップで組織だって何かをするということはなく、相変わらずピンでの活動。

だから「ユニットしては完全有名無実」状態です。札幌の演劇界においては結構あるあるな現象。

 

はっきり言ってそこは今もういいです。

 

どちらかといえば問題は『アート・ル・シティという世界観の在り方』です。

立ち上げ当初は(実はブログ広告収入の可能性も見越しつつ)小説ような「街の物語」が想定されていたんです。

ただこの「街の物語」がどんどんしっくりこなくなってきた。

 

原因は【私がこれから積み上げて創るべきものだったから】と考えています。

 

既存の物語というより『私がやってることが【アート・ル・シティ】という世界と物語に反映されていく』という創り方の方がしっくりきます。

…要は日本神話でいうところの「まだ日本列島が形になっていなくて淡路島もあるのかないのかわからないうちに表に出しちゃった」という状態ですね汗

 

というわけで『アート・ル・シティ』を生きていて、これから物語になっていくのは大体このあたり。

 

☆市長と秘書

もしかしたら「市長」という形を取らないかもしれません。

☆出張お宝鑑定団・愛夢(愛夢鑑定士)

『想い』を買い取り『願い』を叶える古物商。時空や物語、神話の世界をも飛び越える。

普通の古物品買い取りもしているが、唯一無二の不思議な鑑定団。

☆ハンドメイドショップ・Stay@Home

街の中にある森のガーデンで動物たちと共に作った絵や手芸に勤しみ、作ったものを売っている。

店主である少女は街に出ることも好きだが、穏やかな場所でゆったりと物作りをする豊かな時間に身を委ねることが好き。

出張お宝鑑定団・愛夢から材料を買い入れることもしばしば。

☆少年・E

彼と共にアート・ル・シティは生まれた。初めてのゲスト。呼ばれた理由はある種の市長のわがままみたいなもの。

街にくるまでの記憶はなく、手がかりを探しながら街でいろんなところの手伝いをしながら生活している。

彼が記憶を取り戻すには時間を要すると見ている。鍵はLetter。

☆ある薬売りの女

完全にこれから。最近やってきた。随分と頭の回転がよくお喋りで世間話が好き。薬学にも長けた才女でもある。

 

これらが今後【私を通してメディアミックスされていく】と思っていてください。

演劇になったり本になったり絵になったり…。

(最近メディアミックスの威力の凄さをまざまざと感じている)

 

このブログの運用そのものに関しては迷い中です。

noteの方が幅がきいて動画や音声データが残しやすいみたいだし、個人クリエイターとの相性はそっちの方がよさそうなんですよね。

あ、BEASは大幅に工事をかけてBOOTH他別媒体に移行します。pixivとの相性なんかも考慮するとブログ運用に関しても様子見…という感じになります。

 

やっぱりブログは文字に強いらしくて。

 

そして告知関係は講座やセミナーじゃない限り各種SNSに直接あげてしまった方が目にとまるし早いというのもあるんですよね。

(どちらにせよダブルヘッドで行く方が情報拡散率は上がるからそれに越したことないんだけど)

 

最低限のプロフィール記事は近日更新する予定ですが、全体的には緩く長く作っていく感じになりそうです。

いろいろ試してみます。

公式が一つでもあると楽ですし。

 

そんなこんなで。

また〜ヽ(*´∀`)